EMアルゴリズムによるMMPPパラメータ推定について

山田 雅裕  中川 健治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.4   pp.688-696
発行日: 2001/04/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 基礎理論
キーワード: 
MMPP,  EMアルゴリズム,  パラメータ推定,  MMGP,  セル廃棄率,  

本文: PDF(429.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
MMPP(Markov Modulated Poisson Process)は,ATMネットワークにおける画像や音声等のバースト性をもつセルトラヒックに対する近似モデルとして用いられる.そして,MMPPのパラメータである到着率,状態遷移率を正確に決定することはATMネットワークでの有効なトラヒック制御を可能とする.本研究では,EMアルゴリズムを用いたMMPPパラメータ推定問題について検討する.従来の研究では,連続時間MMPPへのEMアルゴリズムの直接の適用[1]や,MMBP(Markov Modulated Bernoulli Process)にモデル変換してのEMアルゴリズムの適用[2]があるが,これらはいずれも計算量が多く,実行時間が長いという問題がある.本研究では複雑な計算を避け,高速なパラメータ推定を行うために,新たなモデルとしてMMGP(Markov Modulated Geometric Process)を提案し,MMPPからMMGPへモデル変換してEMアルゴリズムを適用する方法を提案する.シミュレーションの結果,パラメータ推定精度は従来法と同程度で,計算時間が従来法[1]の約7分の1,従来法[2]の約115分の1以下となることを確認した.