大規模通信ノードシステムに対応したTMN構築支援技術の検討

稲守 久由  上田 清志  須永 宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.3   pp.461-477
発行日: 2001/03/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ネットワークの変革とソフトウェア論文小特集)
専門分野: 開発環境
キーワード: 
通信方式,  TMN,  ネットワーク管理,  ISDN,  ソフトウェア自動生成,  

本文: PDF(742.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
多様な通信ノードシステムの同時開発にあたっては,保守運用機能などの共通化できる機能をまとめた共通プラットホームを開発して,ソフト開発の効率化を図ることが有効である.また,多種類の通信ノードシステムで,共通化できる機能の幅を最大に広げるには,オペレーションの体系の統一化が重要である.これらの事項をふまえて,本論文では,共通プラットホームを搭載する通信ノードシステムを前提として,オペレーションの体系化を図り,これに基づいたエージェント機能と支援ツールを提案している.具体的には,まず簡易に作成でき,かつ過不足なくオペレーションセンタからの操作が表せるオペレーション仕様記述方法を提案し,これを入力として,エージェント機能に必要な各種のメソッド類と,マネージャ側を構築するために必要なMO定義を生成するツールを提案している.これらの技術は,TMN(Telecommunications Management Network)の効率的な構築をめざすもので,幅広く応用が可能である.