インダクタンス装荷による中波放送波の送電線への誘導の抑圧

笹森 崇行  澤谷 邦男  安達 三郎  村井 泰仁  小川 正浩  井口 勝弘  西山 光生  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.2   pp.283-290
発行日: 2001/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 環境電磁・EMC
キーワード: 
モーメント法,  送電線,  放送波,  誘導電界,  インダクタンス,  

本文: PDF(18.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
架空送電線の工事や保守作業を行うときには,商用周波数の誘導対策のために送電線と鉄塔を接地する.このとき,ラジオやテレビの放送所の近傍では放送波による極めて大きな誘導電流が流れる場合があることが以前から指摘されてきた.本論文では,商用周波数と放送波による誘導を同時に低減するために,インダクタンスを装荷する方法を提案している.まず,放送波による大きな誘導電界が発生する場所を取り上げ,通常の送電状態並びに保守・点検作業時の状態について,送電線近傍の電界強度の実測値と計算値を示すことにより,放送波による誘導電界の発生状況を明らかにしている.次に,数値計算によって誘導を低減するためのインダクタンスの値を求め,装荷するインダクタンスの数及び位置を変化させたときの電界強度の周波数特性を求めている.最後に,前述の誘導電界が発生する場所において,インダクタンスを装荷した測定結果を示して,本論文で提案する方法を用いることにより,誘導が抑圧できることを確認している.