大地・電離層間伝搬効果を考慮したELF/VLF波動の到来方位推定

酒井 智弥  島倉 信  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.2   pp.226-233
発行日: 2001/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
MUSIC法,  到来方位推定,  偏波,  大地・電離層間伝搬路,  

本文: PDF(333.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
磁気圏を伝搬し地上へ到達するELF/VLF波動の電離層透過点推定について,分解能の高い推定法として知られるMUSIC法を適用した.本論文では,従来の各種方位推定法に共通する観測データモデルに基づいた推定法を構築するだけでなく,大地・電離層間伝搬効果を多重反射波の重ね合せで表したモデルを採用し,直接波の方位及び偏波を推定する手法を提案している.地上における電磁界3成分観測を仮定したシミュレーションで両手法の推定結果を比較した結果,特に波動の観測点入射角が大きい遠方の透過点の推定に対しては10回反射波以上を考慮すれば従来法より推定値が改善されることを確認した.また,電離層下部で広がりをもった領域を波動が透過する場合でも,多重反射波を考慮したMUSIC法で透過域のほぼ中央の方位を推定できることが示された.