高品質映像伝送に向けたATM無中断伝送方式の実現法とその評価

藤原 和弘  金山 之治  坪井 利憲  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.2   pp.157-166
発行日: 2001/02/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 伝送方式・伝送機器
キーワード: 
ATM,  映像伝送,  伝送路故障,  遅延変動,  無中断切換え,  

本文: PDF(38.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
動画圧縮技術の進歩やハードウェアの低廉化により,TV会議システムのようなディジタル動画を用いたリアルタイム性の高いアプリケーションが実用化されつつある.そのようなアプリケーションのなかには非常に高い伝送品質を要求するものがあり,その一例としてはディジタルTV放送の番組配信があげられる.ディジタル動画には様々な圧縮方法があり,その圧縮率も可変である.このような様々な速度のリアルタイム信号を効率良く伝送するにはATMが適しているが,上記高品質アプリケーションでは万が一の伝送路故障やビット誤りが発生した場合でも映像や音声が途切れたり乱れたりすることは許されず,そのような乱れを発生させない伝送法の実現が課題となる.そこで,本論文では,上記高品質リアルタイムアプリケーションの伝送を対象とし,ランダムなエラーに対する補償と同時に,伝送路故障が発生した際にも情報欠損を起こさず,かつ故障発生時でも遅延変動を小さく押さえることにより受信端末のバッファアンダフローを回避することができる「ATM無中断伝送方式」の実現法を提案し,その有効性,特性を示す.具体的には,提案方式の概要を示すとともに,本方式の実現法について詳細に示す.また,その実現法に基づいて試作した伝送装置を用いて本方式の動作を検証し,更にリアルタイム信号の伝送で最も重要であると考えられる遅延変動量について,理論値と実験値の比較を行うことによりその特性を示している.