IEEE 802.11準拠無線LANの動向

守倉 正博  松江 英明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.11   pp.1918-1927
発行日: 2001/11/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 解説論文
専門分野: 
キーワード: 
IEEE 802.11,  無線LAN,  2.4 GHz,  5 GHz,  CSMA/CA,  イーサネット,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
IEEE 802.11ワーキンググループは2.4 GHz帯及び5 GHz帯無線LANの標準規格を定めている団体である.近年,IEEE 802.11 b準拠無線LANが,有線イーサネットと同等な11 Mbit/sの伝送速度を達成できることから,急速にオフィス環境や家庭内ネットワークとして普及しつつある.本論文では,2.4 GHz帯無線LAN規格についてIEEE 802.11 b規格を中心に解説を行い,現在更なる高速化標準が審議中のIEEE 802.11 g規格について述べる.また,今後広帯域無線アクセス手段として広く用いられる5 GHz帯無線LAN規格についてはIEEE 802.11 aを中心に解説を行い,欧州への適用を考慮したIEEE 802.11 hの審議状況について概説する.