ステップドFMレーダによる路面クラッタ抑圧

梶原 昭博  山口 裕之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J84-B   No.10   pp.1848-1856
発行日: 2001/10/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 計測・探査
キーワード: 
ステップドFMレーダ,  クラッタ抑圧,  MUSIC法,  ITS,  

本文: PDF(802.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
一般に高速道路の路面は金属ボルトやガードレール破片などの危険落下物の表面に比べて粗く,ミリ波帯(W帯)ステップドFMレーダを用いた場合には各パルスの路面クラッタ間の相関は落下物に比べて小さいことが予想される.そこで本論文では,このような落下物と路面との周波数相関の違いに注目してステップドFMレーダによる落下物検知を提案している.すなわち,各ステップドFMパルスの路面クラッタ間の相関がなくなるように周波数ステップ幅を設定することによってクラッタを抑圧し,信号対クラッタ比を改善することが可能となる.また検波したステップドFMパルスをMUSIC処理することによって測距特性の改善が期待できる.本論文では,まずMFIF(Magnetic Field Integration Equation)法を用いて路面クラッタの相関帯域幅及びその統計的性質を解析している.次に計算機シミュレーションによってステップドFMレーダのクラッタ抑圧特性について解析し,またMUSIC処理を用いた場合の特性についても検討している.