最適ステップサイズを用いた周波数領域アクティブノイズコントロールシステム

梶川 嘉延  足高 勝巳  野村 康雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J84-A   No.7   pp.883-892
発行日: 2001/07/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 電気音響,音響一般
キーワード: 
アクティブノイズコントロール,  最適ステップサイズ,  周波数領域適応フィルタ,  

本文: PDF(923.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,周波数ごとに最適なステップサイズで更新する周波数領域アクティブノイズコントロール(ANC)システムを提案する.提案システムは従来のFiltered-x LMS法を用いたANCシステムにおいて最速に収束するステップサイズで更新したときよりも更に高速に収束することが可能である.なぜなら,提案システムでは周波数ごとに最速に収束するステップサイズを適用することができるからである.また,従来のシステムでは2次経路モデルの位相誤差が安定条件を満たしていなければ収束は不可能であったが,提案システムでは周波数ごとに異なるステップサイズを利用できるので,安定条件を満たさない周波数のステップサイズを0にすることで,発散せずに良好な消音特性が得られる.本論文ではまず,最適ステップサイズの理論式をシステム稼動中に入手可能な情報のみを用いて導出する.続いて,その理論式から得られる最適ステップサイズを利用できるANCシステムの構成を説明する.更に,不安定要因となる周波数の特定法とその制御法を説明する.最後にコンピュータシミュレーションによって提案システムの有効性を検証する.