時変システムに対する新しいLMS形適応フィルタとその応用

内藤 隆之  日高 浩一  大森 浩充  佐野 昭  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J84-A   No.6   pp.788-797
発行日: 2001/06/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
適応信号処理,  適応フィルタ,  時変システム,  適応同定,  適応等化,  

本文: PDF(936KB)>>
論文を購入




あらまし: 
時変FIRシステムや時変フェージング伝送路などのパラメータ変動に対処するための同定や等化を担う適応フィルタへの期待は大きく,その有用性から各分野で広く利用されている.しかし従来のほとんどの適応フィルタは未知パラメータが一定という条件のもとで導出されたものであり,パラメータの時変性に対してはLMS法のステップサイズやRLS法の忘却係数などの選定により対応してきた.本論文では,未知パラメータが時間多項式で表現できると仮定し,その時変ダイナミックスに対応する内部モデルを適応更新アルゴリズムの閉ループ系内に組み入れた新しいLMS形適応フィルタを与え,適応同定と適応等化においてその有効性を明らかにした.提案のアルゴリズムは従来の適応フィルタ含む一般的な構造をもち,その安定性は受動定理と小ゲイン定理により保証される.時変システムのための新しい適応フィルタを,時変係数をもつFIRシステムのLMS形適応同定と時変伝送路に対する適応等化へ適用しその有効性を明らかにした.