超音波変調光による生体の光イメージングに関する基礎的検討―スペックルパターンの変動を利用した変調光の検出―

中村 和明  邵 軍  工藤 信樹  北間 正崇  三澤 顕次  有澤 準二  山本 克之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J84-A   No.12   pp.1525-1532
発行日: 2001/12/01
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (超音波医用論文特集)
専門分野: イメージング
キーワード: 
光イメージング,  散乱,  超音波,  変調,  スペックルパターン,  

本文: PDF(2.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,生体の光イメージングの空間分解能の向上を目指して,超音波変調光を利用する方法が検討されている.本論文では,光のスペックルパターンの変動に着目した超音波変調光の検出方法について基礎的検討を行った.まず,パルスレーザ光を散乱体に入射させ,連続集束超音波を用いて局所的に光を変調し,スペックルパターンの変動をCCDカメラで検出した.パルス光を超音波の位相と同期させることにより,変調成分を一般的なCCDカメラで検出可能とした.更に,超音波のパルス化により空間分解能を向上させる手法についても検討し,提案手法により,連続及びパルス超音波を用いて散乱光から超音波変調成分を効率的に検出できることを確認した.