記憶学習の射影学習族に対する適用可能性

平林 晃  小川 英光  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D2   No.2   pp.768-775
発行日: 2000/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: バイオサイバネティックス,ニューロコンピューティング
キーワード: 
教師付き学習,  汎化能力,  記憶学習,  射影学習,  

本文: PDF(260.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
教師付き学習では,本来行いたい学習の問題があって,それをどのような手段で実現するかという議論が多くなされている.しかし逆に,手元にある一つの学習方式でどこまで異なる種類の学習法に対応できるかという見方もある.本論文は,この後者の問題を扱ったものである.このような問題を論じるためには,( 1 )現在手元にある学習方式と,( 2 )適用可能な学習方式を探す探索範囲を決めなくてはいけない.本論文では,このような「適用範囲」の議論の出発点として,( 1 )としては訓練誤差だけを最小にするという最も素朴な形の記憶学習を採用し,( 2 )としては射影学習族を採用した場合の適用範囲を理論的に解明することにする.