射影学習族

平林 晃  小川 英光  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D2   No.2   pp.754-767
発行日: 2000/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: バイオサイバネティックス,ニューロコンピューティング
キーワード: 
教師付き学習,  汎化能力,  関数近似,  射影学習,  

本文: PDF(333.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,学習対象の関数が属している空間が既知の場合に,固定された有限個の訓練データから最大の汎化能力を獲得する問題を論じたものである.筆者らは既に,射影学習,部分射影学習,平均射影学習等の概念を提案し,更に,これら3種類の射影学習に共通した性質をもつより広い範囲の学習として,射影学習族を提案してきた.こうして学習理論は,個々の学習の議論から,無限に多くの種類の学習を統一的に論じる学習族の理論へと発展していった.しかし,現在までに与えられている射影学習族の定義にはまだ不自然さが残っており,理論を更に発展させていくためには不便であった.そこで本論文では,射影学習族のより自然な定義を与え,今後の射影学習族研究の基礎を与えることにする.