感覚単位の活動推定を目的とした神経活動電位の分類

中谷 裕教  渡辺 高志  大庭 茂男  星宮 望  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D2   No.12   pp.2841-2849
発行日: 2000/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 医用工学
キーワード: 
神経活動電位の分類,  感覚単位,  評価関数,  階層的クラスタ分析,  カフ電極,  

本文: PDF(901.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では生体の種々の感覚情報伝達の基本単位である感覚単位の活動を推定するために,末梢神経からカフ電極を用いて計測した神経活動電位を個々の感覚単位の活動に対応するように分類を行う手法について検討した.記録波形の差異に着目して神経活動電位の分類を行うことは外的な基準を用いずにパターンの分類を行う問題に帰着される.また一般的な分類基準が存在しないため,これまで提案されてきた手法の多くは分類に用いるパラメータの最終的な調整を解析者にゆだねてきた.本論文では客観的に分類を行うことに重点を置き,階層的クラスタ分析と作成した評価関数を組み合わせた分類手法を提案する.末梢神経のモデルにより作成した神経活動電位により作成した神経活動電位に様々な振幅の雑音を付加して分類を行ったところ,信頼度が高いとされている評価関数を用いた場合より本手法を用いた場合の方が,より大きな雑音を付加したときでも正しく分類を行えた.また末梢神経から計測した神経活動電位に対して本手法を適用したところ,様々な特性をもった受容器が存在することが示唆され,過去の知見と一致する結果が得られた.