2重,3重のマルコフ連鎖モデルを2段階に使用したべた書き仮名文の文節境界推定法

荒木 哲郎  池原 悟  橋本 昌東  三品 尚登  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D2   No.12   pp.2745-2754
発行日: 2000/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 自然言語処理
キーワード: 
マルコフ連鎖モデル,  仮文節境界,  べた書き仮名文,  再現率,  適合率,  

本文: PDF(845.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来,べた書き仮名文の仮名漢字変換では,単語辞書引き回数の増大を防ぐため,あらかじめ,文節境界を発見する方法が求められていた.これに対して,最近,2重マルコフ連鎖モデルを用いて仮文節境界を推定する方式が提案され,適合率94.0%,再現率76.8%の精度で文節境界を推定できることが報告されている.本論文では,更に文節境界の推定精度を高めるため,3重及び2重のマルコフ連鎖モデルを2段階に組み合わせて,文節境界を推定する方法を提案する.この方式は,推定された文節境界の適合率を向上させるため,まず,3重マルコフ連鎖モデルを使用する.しかし,3重マルコフ連鎖モデルでは,連続する短い文節の境界が発見できないため,残された文節境界を2重マルコフ連鎖モデルを用いて残された文節境界を発見しようとするものである.実験では,適合率99.1%,再現率81.5%が得られ,文節境界の推定精度は大幅に向上することがわかった.