形態因子を用いた自由曲面の属性モデリング

栗山 繁  宮崎 仁  金子 豊久  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D2   No.12   pp.2725-2734
発行日: 2000/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: コンピュータグラフィックス(CG)
キーワード: 
形態因子,  自由曲面,  属性モデリング,  ヒューリスティック探索,  

本文: PDF(927.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
生物学の分野において生物の形態発生の機構を解明するのに,形態因子(morphogen)と呼ばれる仮想的な化学物質が古くから用いられてきた.近年では,単層の膜を構成する細胞間で拡散されるこの形態因子が各細胞における局所的な曲率を決定し,ボトムアップ的に全体の形状を発生・分化させるという理論が提案されている.本研究ではこの単層細胞膜のモデルに基づき,曲面の幾何学量と形態因子の濃度を離散的な計算で相互に変換する機構を導入し,形態因子間の演算を用いて曲面形状を制御する手法を示す.また,この形状制御を用いて,属性値として任意に与えられる幾何学的な拘束条件を満たす曲面形状を探索する手法を提案する.