話者固有空間における動的・静的特徴統合による話者照合

西田 昌史  有木 康雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D2   No.12   pp.2536-2544
発行日: 2000/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
話者照合,  部分空間法,  話者固有空間,  話者の動的・静的特徴統合,  

本文: PDF(417KB)>>
論文を購入




あらまし: 
話者認識における問題点の一つとして,発話内容や発声時期の違い等による音声の特徴変動が挙げられる.この音声の特徴変動に対して,音声中に含まれている音韻性と話者性を分離し,話者性のみを抽出することができれば,頑健な話者認識が可能になると考えられる.しかし,音声中に含まれている音韻性と話者性を分離することは,極めて困難な課題とされてきた.本研究では,音声中に含まれている話者性のみを抽出する試みとして,主成分分析に基づいて話者固有空間を構成し,部分空間法により話者照合を行う方法を提案する.また,音声の特徴変動の正規化には,ケプストラム平均値正規化法の有効性が確認されている.このケプストラム平均値正規化法を利用した,より頑健な音声の特徴変動の正規化法として,話者固有空間における話者の動的・静的特徴統合法を提案する.本手法の有効性を示すために,従来法であるGMMとの比較実験を行った結果,話者固有空間における話者の動的・静的特徴統合法は,話者照合において有効であることが確認できた.