空間音響特性を考慮したスペースダイバーシチ型ロバスト音声認識

清水 泰博  梶田 将司  武田 一哉  板倉 文忠  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D2   No.11   pp.2448-2456
発行日: 2000/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (音声情報処理:現状と将来技術論文特集)
専門分野: 将来技術の応用:音声・音響情報処理
キーワード: 
ロバスト音声認識,  室内伝達特性,  分散マイクロホン,  スペースダイバーシチ,  

本文: PDF(883.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,室内に分散配置したマルチマイクロホンによるスペースダイバーシチ型音声認識手法について述べる.スペースダイバーシチ型音声認識の基本的な考え方は,残響や妨害雑音のある劣悪な音響環境下で発声された音声を様々な地点で観測し,その中から何らかの基準に従って信頼度の高い情報を得ることにより,高精度な音声認識を行うというものである.このようなシステムの実現には,(1)マイクロホンから離れた位置で発声される遠隔音声の認識手法の開発,及び(2)認識器へ入力される複数のチャネル情報の統合若しくは選択手法の開発,が求められる.本論文では,遠隔音声の認識手法として,ある観測点での室内伝達特性を畳み込んだ音声を用いて学習した遠隔音声モデルを複数地点分用意し,用いる.また,複数チャネル情報の統合/選択手法として,ゆう度レベル,特徴量レベル及び信号レベルでの統合/選択手法を提案する.実験結果より,分散配置マルチマイクロホンによるスペースダイバーシチ型音声認識手法により,83.6~88.7%の認識精度が得られることがわかった.