バンドエリミネーションを用いたオーディオ信号へのデータハイディング

池田 幹男  豊嶋 亮蔵  武田 一哉  板倉 文忠  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D2   No.11   pp.2350-2359
発行日: 2000/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (音声情報処理:現状と将来技術論文特集)
専門分野: 将来技術の基礎理論:音声・音響情報処理
キーワード: 
データハイディング,  電子透かし,  バンドエリミネーション,  

本文: PDF(462.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,バンドエリミネーションの中心周波数と帯域幅の組合せによるオーディオ信号へのデータハイディングを提案する.そのために,バンドエリミネーションの中心周波数と帯域幅の検知限を主観評価により調査した.主観評価の結果より,データハイディングのためのバンドエリミネーションの中心周波数と帯域幅を決定した.実際にデータハイディングを行った結果,処理ひずみによる劣化はほとんど知覚されないことがわかった.実際にCD品質のオーディオ信号に対してチャネル当り約10.8 bit/sのデータを埋め込んだ場合には,データの抽出誤りを1%以下にすることができた.しかし,TSP信号に低ビットレートのMPEG符号化を施した場合には,抽出誤りが多くなることがわかった.