側抑制性重み付けを用いた雑音環境下におけるSTRAIGHT分析合成系の品質改善

戸田 智基  坂野 秀樹  梶田 将司  武田 一哉  板倉 文忠  鹿野 清宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D2   No.11   pp.2180-2189
発行日: 2000/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (音声情報処理:現状と将来技術論文特集)
専門分野: 現状技術の応用:音声・音響情報処理
キーワード: 
雑音抑圧,  STRAIGHT,  側抑制性重み付け,  SN比推定,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入




あらまし: 
雑音環境下におけるSTRAIGHT分析合成系の音声の品質を改善する方法として,側抑制性重み付け(LIW: Lateral Inhibitive Weighting)によるスペクトルシェーピングを提案する.LIWのディップの深さと帯域幅を適切に選ぶことによって,SN比が0 dBから10 dB程度の範囲では,ケプストラムひずみが男性女性ともに0.2 dB程度改善されることがわかった.ところが,SN比が高い場合には,LIWを利用したSTRAIGHTで合成した場合,ひずみが大きくなる傾向が見られた.この問題への対策として,瞬時フレームごとにSN比を推定して,SN比が高くなるにつれてLIWの効果を弱める処理を導入した結果,SN比が高いときでも,従来のSTRAIGHTと同程度の品質で音声が合成できることがわかった.