調波成分の瞬時周波数を用いた基本周波数推定方法

阿竹 義徳  入野 俊夫  河原 英紀  陸 金林  中村 哲  鹿野 清宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D2   No.11   pp.2077-2086
発行日: 2000/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (音声情報処理:現状と将来技術論文特集)
専門分野: 現状技術の基礎理論:音声・音響情報処理
キーワード: 
基本周波数,  不動点,  調波成分,  STRAIGHT,  帯域幅方程式,  

本文: PDF(512.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
河原らにより開発されたSTRAIGHTは,VOCODER型分析合成方式であるにもかかわらず,原音に迫る高い自然性をもった分析合成音を得ることが可能である.しかし,耐雑音性が低く,雑音環境下では合成音声の品質が大きく劣化するという弱点があった.それは,STRAIGHTが処理の各段階に基本周期にした処理を積極的に利用していて,雑音により推定された基本周波数が誤差を含んだ場合,その影響を大きく受けることが原因と考えられる.そこで本論文では,その欠点を克服するために耐雑音性の高い基本周波数推定方法を提案する.このため,従来のTEMPO法で用いられてきた基本波成分だけではなく,その調波成分も利用し,Cohenの帯域幅方程式を用いて統合する新しい方法を提案する.また,提案手法の性能の評価のために,音声データとEGGデータを同時収録したデータベースを作成した.これを用いて提案法及びTEMPO法などの従来法と推定精度の比較をした結果,提案法は他の従来法に比べて無雑音では同等以上で,雑音付加時の推定精度は大幅に改善されることがわかった.