入店客計数のためのシルエット・足音・足圧による男女識別法

数藤 恭子  大和 淳司  伴野 明  石井 健一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J83-D1   No.8   pp.882-890
発行日: 2000/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: 人間・機械系,マルチメディア処理
キーワード: 
男女,  シルエット,  足音,  足圧,  

本文: PDF(557.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来提案されている男女識別手法には,データの取得条件や処理時間などの点で,入店客計数に適用できるものがなかった.これを解決するため筆者らは,人物のシルエットの形状特徴による男女識別法を提案してきた.本論文では,新たに,足音特徴と足圧特徴が男女識別に有効であることを示し,これらとシルエット特徴とを統合した識別手法について述べる.3種類の特徴量を並べた特徴ベクトルをフィッシャー判別により1次元に圧縮することで統合した.デパートの入店客に対して行った服装調査に基づいて,服や靴の種類の割合を模して男女各45人の母集団を構成した.この母集団に対し識別実験を行い,服と靴の種類別にサンプルの特徴空間上での分布を調べた.この結果,1)各単独特徴量では80%以下だった識別率が統合特徴を用いることで90%以上に向上する,2)シルエット特徴で誤識別されても足音特徴や足圧特徴によって正しく識別できるサンプルが多く,提案した3種類の特徴量の組合せが有効である,ということが示された.