情報表示用DC型カラープラズマディスプレイの寿命特性の改善

一番ヶ瀬 剛  畑 朋延  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J83-C   No.4   pp.344-352
公開日: 2000/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: 電子ディスプレイ
キーワード: 
カラープラズマディスプレイ,  放電ガス,  ネオンキセノン,  寿命,  

本文: PDF(513.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
DC方式による情報表示用のカラープラズマディスプレイを実現するにあたっての課題に,点灯表示を続けたときの輝度低下の課題があった.輝度の低下はカラープラズマディスプレイの寿命を決定する.この輝度低下はプラズマディスプレイ特有のスパッタリングによって生じる.我々は,寿命時間を延長するために,プラズマディスプレイパネルの構造の検討と放電ガス混合比の検討を行った.放電ガスの混合比を検討する中で ネオンを含む3成分混合ガスを用いることで,放電発光輝度を低下させることなくスパッタリングを抑制できることを見出した.これにより,プラズマディスプレイの連続点灯を続けたときの表示パネルの表示輝度が初期輝度から50%低下するまでの時間を30,000時間以上にすることができた.本研究結果に基づき,情報表示用のカラープラズマディスプレイが開発され製品化された.