ネオンオレンジDC型プラズマディスプレイの低消費電力化

一番ヶ瀬 剛  畑 朋延  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J83-C   No.1   pp.60-69
公開日: 2000/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: 電子ディスプレイ
キーワード: 
プラズマディスプレイ,  ペロブスカイト型の導電性酸化物カソード,  低電力,  カソード,  

本文: PDF(527.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ネオンガスの発光を使用したDC型プラズマディスプレイの低電力化を行うため,放電ガス混合比の検討を行った.放電ガスにペニングガス(Ar)を使用しないことで発光効率が3倍近く上昇する.放電ガスにペニングガスを使用しない場合,放電開始電圧の上昇と放電の不安定性を生じる.そこで,この放電ガス構成とペロブスカイト型の導電性酸化物(La0.5Sr0.5CoO3)カソードを組み合わせることで,発光効率を維持したまま放電開始電圧を低下させ放電の安定性も実現できることを見出した.この結果,DC型プラズマディスプレイの低電力化を実現することができた.