ファイバグレーティング技術とその動向

奥出 聡  和田 朗  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J83-C   No.12   pp.1060-1068
公開日: 2000/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 解説論文
専門分野: 
キーワード: 
ファイバグレーティング,  紫外線誘起屈折率変化,  光フィルタ,  ファイバ型光部品,  

本文: PDF(496.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
紫外線を用いて光ファイバのコア中に直接グレーティングを形成した光ファイバグレーティングは,新しいタイプの光部品として光通信や光センシングの分野で大きな注目を集めている.光フィルタの機能がファイバ中に直接形成できるため,低挿入損・高信頼性など多くの利点をもち,更に従来型の光部品にはない特性や機能をもつものも実現されている.本論文ではファイバグレーティング技術,及び近年の研究開発の動向について述べる.