オペアンプのRFノイズ耐性の検討

服部 佳晋  只野 博  長瀬 宏  糸魚川 貢一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J83-B   No.7   pp.1034-1042
発行日: 2000/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 環境電磁・EMC
キーワード: 
オペアンプ,  RF(Radio Frequency),  トランジスタ,  DC出力電圧,  イミュニティ,  

本文: PDF(259.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
入力トランジスタの種類が異なる汎用オペアンプLF356(JFET(Junction-Field-Effect Transistor)入力)とLM324(バイポーラトランジスタ入力)を対象として反転増幅器を構成し,オペアンプの各端子から10 MHz~2 GHzで大振幅のRF(Radio Frequency)信号を注入した場合のDC出力電圧を評価した.両オペアンプとも反転入力端子からRFを注入した場合,正のDC出力電圧が,非反転入力端子から注入した場合,負のDC出力電圧の発生が観測された.この電圧は,入力トランジスタでRFが整流されることによって発生していることを明らかにした.また電源,出力端子からRFを注入した場合,LM324では大きなDC出力電圧が発生したのに対し,LF356では出力電圧は,ほとんど発生しないことがわかった.今回の評価回路では,電源,出力端子から注入したRFは,オペアンプ内部を通って入力トランジスタまで伝搬し,そこで整流され,DC電圧を発生していることを明らかにした.また両オペアンプのRFノイズ耐性の差は,入力トランジスタの違いによるRFの整流効率の差が原因であることを示した.