成層圏飛翔体を用いた移動体通信システムにおける通信方式の提案及びその性能評価

御子柴 高徳  嶋本 薫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J83-B    No.5    pp.666-676
発行日: 2000/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 衛星・宇宙通信
キーワード: 
成層圏飛翔体,  移動体通信,  通信方式,  見通し,  シャドーイング,  

本文: PDF(849.7KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では,成層圏飛翔体システムを移動体通信に適用し,様々に変化する通信環境をシミュレーション上で構築するため,実測に基づく見通し及びシャドーイング状況の測定実験を行った.この測定データをもとに,成層圏飛翔体を用いた移動体通信環境おける基本的な伝達特性を示し,更に具体的な通信方式として,シャドーイング等によるデータ欠損を軽減する目的とした飛翔体間時分割データ転送(TDAA:Time Division data transmission Among Aircraft)方式,アップリンク回線では,シャドーイング環境を利用した指向性アクセス制御(DAS:Directional Access using Shadowing)方式を提案し性能評価を行った.また,高負荷地域の負荷分散を目的としたフロー制御方式である飛翔体移動制御(APC:Aircraft's Position Control)方式,飛翔体パイロット信号制御(PSC:Pilot Signal Control)方式に関する性能評価を行った.