偏波間相互相関を用いた直交偏波周波数多重伝送の伝送特性改善法

井戸 純  岡田 実  小牧 省三  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J83-B    No.5    pp.634-644
発行日: 2000/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
マルチキャリヤ伝送,  マルチパスフェージング,  周波数オフセット推定,  直交偏波,  ダイバーシチ,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では,直交偏波周波数多重(OPFDM:Orthogonal Polarization and Frequency Division Multiplexing)伝送システムの交差偏波干渉に耐性をもつ新しい周波数オフセット推定法を提案する.提案方式は,各偏波の受信信号の自己相関関数に加え,偏波間の受信信号の相互相関関数を観測することにより,交差偏波干渉成分が非常に大きなフェージング環境における高精度周波数オフセット推定を可能にしている.また,本論文ではフェージングによる伝送特性の劣化を改善するため,OPFDMの偏波間ダイバーシチを提案している.計算機シミュレーションの結果,提案周波数オフセット推定及び偏波間ダイバーシチがフェージング伝送路における伝送特性改善のために有効であることを明らかにしている.