時間領域信号を用いた2次元MUSICアルゴリズムによる高分解能多重波伝搬推定

田辺 康彦  小川 恭孝  大鐘 武雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J83-B   No.4   pp.407-415
発行日: 2000/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信技術
キーワード: 
MUSIC,  2次元MUSIC,  時間領域信号,  伝搬遅延時間推定,  到来方向推定,  

本文: PDF(490.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
電磁波の伝搬環境を解明する手法として,MUSICアルゴリズムは高分解能な推定を実現する方式として知られている.本論文では,送信側と受信側をケーブルでつなぐことなく伝搬環境を推定する手法として,時間領域の信号にMUSICアルゴリズムを適用する方法を提案する.また,受信の際にアレーアンテナを用いることにより,到来方向と伝搬遅延時間を同時に推定する 2次元MUSICアルゴリズムの定式化を行う.更に,計算機シミュレーションにより本手法の 分解能特性と推定精度について検討を行い,その結果,本論文で提案する2次元MUSICアルゴリズムによる推定が,1次元MUSICアルゴリズムよりも 高分解能・高精度に実現できることがわかった.