ATMリング網における故障切替方法

岡田 光正  植松 芳彦  太田 宏  坪井 利憲  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J83-B   No.4   pp.377-389
発行日: 2000/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 伝送方式・伝送機器
キーワード: 
ATM,  リング網,  VP切替,  予備帯域共有,  BPSR/Path-Failure detection,  

本文: PDF(747.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年のトラヒック需要増加及びネットワークサービスの多種多様化により,バックボーンネットワークは,超高速かつ高信頼でトラヒックの需要変化に柔軟に対応できることが要求される.ATMリング網は,ATMによる多種多様なサービスの一元的処理によりパス収容効率を高めることができ,かつ網トポロジーによる伝送路コストの低さから,経済性の高いトランスポート網構築を可能にする.本論文では,ATMリング網において,予備VPの経路長が短いほどパス収容効率が高くなることに着目し,予備VPの経路長が最短となるATMリング網VP切替方法BPSR/PF (Bidirectional Path-Switched Ring/Path-Failure detection) を提案する.また,最大必要リンク容量,切替時間,必要リンクVPI数,VPペアによるデータ保持数,パスの生き残り確率の評価項目において,従来のATMリング網VP切替方法と定量的な比較検討を行い,提案するATMリング網VP切替方法BPSR/PFが優れることを明らかにする.