低アンテナ高伝搬における伝搬経路同定

古野 辰男  多賀 登喜雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J83-B   No.1   pp.71-80
発行日: 2000/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
低アンテナ高伝搬,  伝搬メカニズム,  到来方向,  伝搬遅延時間,  幾何光学モデル,  

本文: PDF(177.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
市街地低アンテナ高伝搬における遅延スプレッド特性は,場所に対する依存性が高く統計的な手法では精度良く推定するのが難しい.そこで,道路構造がどのように伝搬特性に影響を及ぼすのかを把握するために,伝搬メカニズムの解析を行った.実際に見通し内及び見通し外の地点で到来波の方向と伝搬遅延時間(伝搬経路長)を測定することにより伝搬経路の同定を試みた.その結果,到来波の多くが建物壁面での幾何光学的な反射と交差点の角における回折及びその組合せにより伝搬していることが明らかになった.更に,幾何光学的手法及びくさび回折理論に基づいた計算結果と実測結果とを比較することにより,幾何光学的計算手法の有用性を示した.