ニュース音声を対象にした時間遅れを蓄積しない適応形話速変換方式

今井 篤  池沢 龍  清山 信正  中村 章  都木 徹  宮坂 栄一  中林 克己  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J83-A   No.8   pp.935-945
発行日: 2000/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
適応形話速変換,  映像同期,  休止区間,  高齢者,  放送視聴,  音声聴取,  

本文: PDF(7MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,発話速度をゆっくりにし,かつ実時間での聴取を可能とする話速変換方式を提案する.例えば,テレビ視聴に話速変換を適用した場合,映像に対する音声の時間遅れが問題となる場合がある.提案方式は,音声のみの処理によって,この遅れを短時間に解消しつつ,話速変換に期待される「ゆっくり感」を実現することを目的とする.話速の制御は,基本周波数の変化量に応じた適応的な話速の緩急と,聴感上違和感無い程度の休止区間の短縮を特徴とする.ニュース音声を対象に,提案方式で変換した音声の聴取実験を行った結果,若年者層,高齢者層共に,実時間からの遅れが蓄積すること無く,話速変換に期待される効果を実現することがわかった.この方式は,長時間の放送視聴のほか,電話等の即時応答が求められる場合にも有効である.