送信アンテナを周期的に切換えるTCM送信ダイバーシチ方式の誤り率評価

正本 利行  池田 正義  荻原 春生  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J83-A   No.4   pp.428-431
発行日: 2000/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
送信ダイバーシチ,  フェージング,  トレリス符号化変調,  伝達関数法,  

本文: PDF(308.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
TCM送信ダイバーシチシステムはトレリス符号化変調器(TCM)とインタリーバを通過した信号を空間的に互いに十分に離れたアンテナを一定時間ごとに切換えて送信するシステムである.提案する評価方法は次のような手順に従う.(1) 送信アンテナの切換えを含めてフェージング通信路の利得変動を一つのマルコフモデルで表現する.(2) 符号の誤り状態遷移とマルコフモデルの状態遷移を複合させた状態遷移図で伝達関数法を用いる.