遺伝的アルゴリズムを用いたガスセンサ観測信号からの人間の活動検知

林 貴宏  木村 春彦  大薮 多可志  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J83-A   No.4   pp.412-422
発行日: 2000/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 人工知能
キーワード: 
人間の活動検知,  室内環境モニタリング,  信号推定,  ガスセンサ,  遺伝的アルゴリズム,  

本文: PDF(492.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,遺伝的アルゴリズム(GA)を用いて,室内に設置した可燃性ガスセンサの出力信号から,室内における各ガス発生源ごとのガス濃度変化信号の推定と,それらの合成信号である事象信号の推定を行う手法を提案した.GA個体が表す各ガス発生源ごとの推定濃度変化信号と推定事象信号に対して,適切な評価関数を用い,個体集団に対して選択とう汰,交差や突然変異などを繰り返し適用することにより,より正確な推定濃度変化信号や推定事象信号が得られることを,計算機 シミュレーションによって示した.また,実際に人間が生活する室内空間にガスセンサを配置し,そのセンサ出力信号から,提案手法を適用して得られた推定濃度変化信号と推定事象信号が,人の行動におおむね対応していることを示した.更に,センサ出力信号にノイズ等の成分が含まれていても,ロバストに適切な信号推定が行うことができ,本提案手法がガスセンサを用いた人間の活動検知に有効であることを示した.