階層的変換符号化基本モジュールによって構成されるスケーラブル楽音符号化

神 明夫  守谷 健弘  岩上 直樹  三樹 聡  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J83-A   No.3   pp.241-252
発行日: 2000/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
楽音符号化,  変換符号化,  TwinVQ符号化,  スケーラブル符号化,  階層量子化,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
楽音を主な符号化対象とする変換符号化方式を基本構成単位としてモジュール化し,これを所望の周波数において自由に複数回使用することにより,広帯域のMDCT係数列を階層量子化する方式を提案する.本方式は,提案モジュールを共通化して複数回使うことにより周波数領域の広い帯域幅にわたってMDCT係数列を階層量子化するため,スケーラブル符号化としてシンプルかつ自由度の高い構成を実現できることが大きな特徴である.本論文では,ビットレートが8 kbit/s以上,サンプリング周波数48 kHzで動作するモジュールの組合せによる使用例を示す.本例ではビットレートを8 kbit/s以上で,また再生周波数帯域を4 kHz以上で目的に応じて選択することができる.主観評価試験を行い,提案方式の有効性を検証する.