雑音が重畳された画像に対するエッジの連続性を考慮した強調

和田 祐司  棟安 実治  中村 亮太  雛元 孝夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J83-A   No.1   pp.9-17
発行日: 2000/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
画像強調,  アンシャープ・マスキング処理,  ファジィ制御,  エッジ検出,  ラインプロセス,  

本文: PDF(3.9MB)>>
論文を購入




あらまし: 
画像を強調するための一手法として,画像の高周波数成分を強調するアンシャープ・マスキング(UM)処理が知られている.この手法は,画像に雑音が重畳されている場合,雑音も同時に強調してしまうという欠点があった.これに対して,エッジ情報の概念を導入して,この問題を解決する手法が提案されている.本論文では,Gemanらが提案したラインプロセスの概念を用いてエッジ情報を正確に検出する手法と,更に輝度値の増減方向に対してより正確な判断を行う手法を用いたUM処理手法について提案する.提案手法によれば,雑音の影響を受けることが少ない良好な強調画像を得ることができる.ここでは,エッジ情報の抽出にファジィ制御を用いている.最後に,画像の処理例を通じて提案手法の有効性を検証している.