2種類の低階調画像を用いた動画像の動き推定法

黒崎 正行  村松 正吾  貴家 仁志  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J83-A   No.12   pp.1434-1440
発行日: 2000/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集レター (多次元信号処理とその応用・実現論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
動き推定,  MPEG,  低階調画像,  

本文: PDF(599.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
低階調画像を用いて動きベクトルを推定する場合,動きベクトルの推定精度は,量子化の際のしきい値の値に依存する.本論文では,しきい値を計算するための演算量を低減する二つの方法を提案する.一つは2種類の低階調画像を用いる方法で,他の一つは,マクロブロックを分割し,より細かい単位でしきい値を計算する方法である.これらの二つの方法は組み合わせて使用することも可能である.シミュレーションにより,提案法は,動きベクトルの推定精度を保ち,しきい値決定に要する演算量を低減できることが確認できた.