マルチチャネル能動騒音制御システムへの連立方程式法の拡張

棟安 実治  浅井 隆  藤井 健作  雛元 孝夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J83-A   No.11   pp.1235-1243
発行日: 2000/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 電気音響,音響一般
キーワード: 
マルチチャネル能動騒音制御,  連立方程式法,  騒音制御フィルタ,  システム同定,  MEFXアルゴリズム,  

本文: PDF(527.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ある広さをもつ領域を消音しようとする場合,シングルチャネルの能動騒音制御システムでは十分な効果を得ることはできない.そのため,複数のマイクロホンやスピーカを用いるマルチチャネル能動騒音制御システムが提案されている.ここで,通常用いられるアルゴリズムにMultiple Error Filtered-X(MEFX)法がある.MEFX法は誤差経路系の事前推定を必要とするが,シングルチャネルと比べてマルチチャネルの場合は推定誤差が複雑な影響を与え,また動作中の系の変動も問題となる.本論文では,最近シングルチャネルの場合に対して提案された,誤差経路系の推定を必要としない連立方程式法をマルチチャネル能動騒音制御に適用する手法について提案する.本手法では,シングルチャネルの場合と同様に,誤差経路系を推定することなしに,騒音制御フィルタの係数を推定でき,動作中の経路の変動にも追従でき,良好な消音効果を得ることができる.