RBFネットワークと線形適応フィルタを併用したDS/CDMA通信のための適応形マルチユーザ受信機

三宅 基治  大石 邦夫  坂庭 好一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J83-A   No.10   pp.1180-1196
発行日: 2000/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: スペクトル拡散技術
キーワード: 
直接拡散/符号分割多元接続,  マルチユーザ受信機,  RBF受信機,  他局間干渉,  信号電力対干渉・雑音電力比,  

本文: PDF(561.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,DS/CDMA通信における他局間干渉を抑制するために,RBF(Radial Basis Function)ネットワークと線形適応フィルタ(Linear Adaptive Filter: LAF)によるMMSE(Minimum Mean Square Error)受信機を併用するRBF-LAF受信機を提案する.提案するRBF-LAF受信機では,各ユーザの受信信号電力またはSIR(Signal to Interference Ratio)を計算し,他局間干渉を強く受けるユーザにはRBF受信機を,干渉の少ないユーザにはMMSE-LAF受信機を割り当てることによって,計算量を抑えながら良好なビット誤り率の達成を目指す.このとき,ユーザの割当てを適切に行うことにより,従来のRBF受信機に比べて大幅に少ない演算量で良好なビット誤り率を得ることができる.また適応アルゴリズムを用いることで,通信環境の変化にも対応することが可能である.最後に,数値例により提案するRBF-LAF受信機と従来の受信機をビット誤り率並びに計算量の面で比較し,提案方式の有効性を示す.