ターゲット場の多重撮影による基準点のないCCDカメラキャリブレーション

服部 進  秋本 圭一  岡本 厚  長谷川 博幸  井本 治孝  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D2   No.9   pp.1391-1400
発行日: 1999/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像処理,画像パターン認識
キーワード: 
CCDカメラ,  セルフキャリブレーション,  バンドル調整,  多重撮影,  レトロターゲット,  一般逆行列,  

本文: PDF(469KB)>>
論文を購入




あらまし: 
CCDカメラは内部標定要素が比較的安定であるため,様々な工業3次元計測に応用が期待されている.その多くの場合比較的精密で,かつ簡単に実行できるキャリブレーション法が必要になる.通常のキャリブレーション法では精密な基準点場を作るが,この論文は座標が未知のターゲット場を多重撮影するだけで,光線の共線条件から精密なキャリブレーションができることを示す.基準点がないので通常の最小2乗法は使えず,一般逆行列と最小拘束法を使って解き,両者で解が一致することを確認した.基準点場に反射光を返すレトロターゲットを配置し,ストロボを使って撮影した.6枚程度の多重撮影で十分強いネットワークができ安定した解が得られた.ただしこの方法では画面の周辺部までのレンズひずみが求められないので,画角の適用範囲がやや狭くなる.