文字の輪郭線に着目した手書き漢字の特徴抽出法-外郭局所的輪郭線特徴と外郭局所的モーメント特徴-

堀 桂太郎  根本 孝一  伊藤 彰義  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D2   No.2   pp.188-195
発行日: 1999/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像処理,画像パターン認識
キーワード: 
文字認識,  特徴抽出,  方向寄与度,  外郭局所的輪郭線,  外郭局所的モーメント,  

本文: PDF(416.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来から手書き漢字認識に有効とされている特徴抽出法に,外郭方向寄与度(P-DC)特徴がある.しかし,P-DC特徴は,文字の変形の仕方によっては,特徴ベクトルが大きく変動してしまう場合もある.本論文では,P-DC特徴が文字の潰れによる変形,太さ変動による変形,位置変動による変形の影響を受けてしまう場合を具体的に指摘する.そして,これらの変形に強い特徴抽出法,外郭局所的輪郭線(P-LOVE)特徴を提案する.P-LOVE特徴は,文字の輪郭線を局所的に観測して,その連結情報を特徴ベクトルとするものであり,文字線の内部情報よりも文字の輪郭線情報に着目した方が,上記三つの変形について,より有効な特徴ベクトルの抽出が行えることが実験からも確認できた.更に文字線を局所的に観測して,文字線の方向情報を分散,共分散の値で表現する,新しい特徴抽出法,外郭局所的モーメント(P-LM)特徴を提案する.手書き漢字データベースETL-9Bを用いた識別実験で,P-LOVE特徴とP-LM特徴はともに,P-DC特徴よりも高い識別率を得た.また,P-LM特徴が特に平仮名に有効であることを実験で確認した.