可変N-Quoitフィルタを用いた胸部X線CT像からの肺がん病巣候補自動抽出

三輪 倫子  加古 純一  山本 眞司  松本 満臣  舘野 之男  飯沼 武  松本 徹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D2   No.2   pp.178-187
発行日: 1999/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像処理,画像パターン認識
キーワード: 
X線CT,  Mathematical Morphology,  肺がん,  孤立性陰影,  コンピュータ診断支援,  

本文: PDF(631.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
筆者らは肺がん病巣候補を自動抽出する手法として既に,Mathematical Morphologyのフィルタリング処理の一種であるQuoitフィルタ処理を開発しているが,この手法は処理速度や抽出精度に問題があった.本論文ではその改良策として,病巣陰影に対してフィルタサイズを柔軟に変化させる可変N-Quoitフィルタ処理と,その前処理として濃度重み付き距離変換を適用する手法を提案する.この手法に対して,まずモデルによる特性解析を行い,提案手法の有効性を確認した.また,実画像82症例(うち,がん病巣21箇所)への適用実験を行った結果,がん病巣をすべて正しく抽出できた.更に従来アルゴリズムと比較して処理時間は20分の1以下に削減できた.