統計処理による入力文から中間表現への変換を用いた音声言語理解

政瀧 浩和  谷垣 宏一  匂坂 芳典  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D2   No.2   pp.169-177
発行日: 1999/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
音声理解システム,  中間表現,  隠れマルコフモデル,  共起確率,  MCE学習,  

本文: PDF(460.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では, 音声認識誤りを含む文,及び自然発話文の理解を可能とするため, 統計的手法により入力文を中間表現に変換することを特徴とした 音声・言語理解手法を提案する. 提案法は,中間表現の各要素から文の生成確率を与える隠れマルコフモデル, 及び中間表現の各要素間の共起確率を用いた手法である. 15話者82発話に対して行った実験の結果, 正しい文章が入力された場合の言語理解率は91.5%であった. また,音声認識システムと結合させた場合の音声理解率は73.2%であり, 文認識率(59.8%)よりも約13%高く, ある程度の認識誤りが含まれる文に対しても正しい理解が得られることを確認した.