事前に他人受理誤り率を指定する話者照合方式

早川 昭二  武田 一哉  板倉 文忠  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D2   No.12   pp.2212-2220
発行日: 1999/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
話者照合,  他人受理誤り率,  話者間距離分布,  電話回線,  しきい値,  

本文: PDF(950.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,事前に他人受理誤り率を指定する照合方式を提案する. 本方式では,あらかじめ保持する他人話者群と入力音声との 距離から話者間距離の確率分布を照合ごとに推定し, 入力音声と自分であると名乗った話者との距離が この確率分布に含まれる確率を計算して, あらかじめ指定した他人受理誤り率の確率を超えているか否かで話者を照合する. 話者間距離の確率分布を正規分布と仮定して照合実験を行った結果, 男性15名が最大1年の時期差をおいて発声した単語データベース及び 電話回線上で収録した男性70名女性30名の数字音声データベースの両方において, 他人受理誤り率は,正規分布と仮定した場合の理論値とほぼ一致し, 事前に他人受理誤り率を指定できることを示す. また,提案する照合方式における他人受理誤り率は, 発声時期差や雑音による変動の影響をほとんど受けないことを示す.