弾塑性変形モデルに基づく領域分割アルゴリズム

生田 幹人  皆川 明洋  後藤 敏行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D2   No.11   pp.2067-2074
発行日: 1999/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: バイオサイバネティックス,ニューロコンピューティング
キーワード: 
弾性変形モデル,  塑性変形モデル,  領域分割,  3次元医用画像,  

本文: PDF(1.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本研究は, 画像の濃度こう配や特徴に応じた弾性分布をもつ弾性薄膜や3次元弾性体が, 弾性変形と塑性変形を起こすというモデルに基づいて, 2次元及び3次元領域の分割を行うアルゴリズムに関するものである. 本論文では, 最初に画像の2次元平面あるいは3次元空間に直交する新たな変形軸を考え, この軸の方向に対して変形を加えることにより, 弾性変形に伴う平衡状態を低い演算コストで算出できる方法について述べる. 次に,弾性薄膜あるいは弾性体を画像端点で固定し, 領域内部を引き上げたときの弾塑性変形を模擬することにより, 領域分割を行う方法について述べる. 更に,シミュレーションに基づく評価実験の結果について報告する.