遺伝的アルゴリズムを用いたシームレステクスチャ生成方法

山田 辰美  橋本 秋彦  安達 文夫  下原 勝憲  徳永 幸生  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D2   No.11   pp.2017-2025
発行日: 1999/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: コンピュータグラフィックス(CG)
キーワード: 
GA,  遺伝情報,  テクスチャ,  シームレス,  画像生成,  CG,  

本文: PDF(2.8MB)>>
論文を購入




あらまし: 
遺伝的アルゴリズム(GA)を用いたシームレステクスチャの生成方法を提案する. 有限領域のテクスチャを並べて大きな領域のテクスチャを構成する際,通常は 境界部分でテクスチャの不連続が生じる. シームレステクスチャとはそのようなテクスチャ境界部分での不連続が生じな いようにしたテクスチャのことである. しかしながら,これまでに提案したシームレステクスチャ生成方法の一つであ るフラクタル法においては,どのようなシームレステクスチャが生成されるか を予測することは困難であり,したがって,いったん生成したシームレステクスチャと 類似するものを生成することが不可能であるというパターン生成制御上の問題があった. 本論文では,そのような問題の解決のためにテクスチャの生成にGAの適用を試みた. その結果,既存のシームレステクスチャに類似したシームレステクスチャの生 成を可能とするとともに,複数のシームレステクスチャの合成をも可能にした. 本方法を用いることにより,同時に表示された複数のシームレステクスチャの 中からユーザの好みに応じた選択操作に基づいて,ユーザが望むパターンのテ クスチャ生成を行うことができる. 更に,単一のシームレステクスチャの敷き詰めによる単調さを改善するため, 同一の境界をもちつつ内部パターンの異なるシームレステクスチャ(グループ テクスチャ)の生成方法についても併せて提案する.