HMMを用いた英単語音声からの強勢音節の自動検出とそれに基づく 発音能力の韻律的評定

峯松 信明  藤澤 友紀子  中川 聖一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D2   No.11   pp.1865-1876
発行日: 1999/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
強勢音節,  隠れマルコフモデル(HMM),  音節位置・音節構造情報,  韻律的評定,  英語CAI,  

本文: PDF(799.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
日本人によって発声された英単語音声に対する(韻律的)自動評定を目的として,1)英 単語音声からの強勢音節検出の自動化,2)提案する強勢音節検出手法に基づいた強勢/弱 勢の「音響的適切さ」評定の自動化,について検討した.強勢音節検出においては,音節 を単位としたHMMを構築し,その検出を試みた.その際,着目する音節の単語内位置情 報/構造情報/コンテクスト情報を導入することでHMMの精度向上を図り,検出性能の改 善について実験的に検討した.その結果,同一方言(本論文ではBritish)内では最もカ テゴリー数を増やしたHMMにおいて最高平均検出率が得られ,本論文で検討したHMMの高 精度化に対する有効性が示された.一方,強勢/弱勢に対する英語としての「音響的適切 さ」評定では,強勢音節検出時における「スペクトル」「パワー」「ピッチ」「継続長」 の各ゆう度に対する重み係数を変化させ,最高検出率を示す重み(最適重み)を算出し,日 本人話者/母語話者間で比較した.その結果,日本人による英単語音声では,ピッチ重み を大きく,スペクトル重みを小さくすることにより検出率が向上するなど,母語話者によ る英単語音声には見られない傾向(発音上の癖)が観測され,提案手法の,発音能力評定 手法としての有効性が示された.