画像特徴に基づくイメージモザイキング

千葉 直樹  蚊野 浩  美濃 導彦  安田 昌司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D2   No.10   pp.1581-1589
発行日: 1999/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (知能情報メディア論文特集)
専門分野: 知的映像ハンドリング
キーワード: 
イメージモザイキング,  パノラマ画像,  オプティカルフロー推定,  平面射影変換,  

本文: PDF(3.8MB)>>
論文を購入




あらまし: 
複数の静止画像からパノラマ画像を自動合成する手法を提案する. 我々の手法は従来手法よりも処理が高速で, かつ自由なカメラ運動で撮像された奥行の深いシーンでも合成可能である. これを実現するために画像特徴(小方形領域)を用いた, 次の二つの特長を有する手法を提案する. 第1は,階層的オプティカルフロー推定に基づいて画像特徴の対応を得た後, 線形解法により変換行列を算出する高速な変換行列算出方法である. この方法により,画像間の幾何学的な変形を高速かつ正確に行うことが可能になった. 第2は,シーンが単一平面で近似できない場合に,画像特徴を頂点とする三角パッチに分割し, 各パッチごとに平面射影変換行列を算出することで, 奥行が深いシーンへの対応を可能としたことである. ここで,平面射影変換行列を求めるためには,通常4組の対応点が必要であるが, 3組の対応点から算出する手法を提案する. 最後に実画像を用いた実験により,本手法の有効性を示す.