大学間衛星ネットワークSCSの複数局交流方式

近藤 喜美夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D1   No.9   pp.1210-1216
発行日: 1999/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: 教育工学
キーワード: 
遠隔教育,  衛星通信,  大学間ネットワーク,  SCS,  

本文: PDF(634.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
教育,研究内容が専門的, 先端的となると個々の大学では関係者が少なくなるため複数の大学間での共同が効果的となる. また共通的な講義等, 内容の共有も効果的となる. 衛星システムは同一回線の複数局間共有ができる点, また地上系の整備状況に依存せず対等な条件で構成できる点で 多数の局が参加する大学間ネットワークを考えるとき有効である. このような応用では, 少数の講師会場からなるべく多数の受講者へ伝送するような利用法のみでなく, 任意局からの発信,双方向での討議, 研究交流等を可能とする必要がある. HUB局による集中制御により各局での資格者を不要とし, かつ比較的狭帯域信号複数波を用いて, 画像・音声を複数局間で共有して, このようなネットワークを日常的に運用できるような方法について検討した. これらの結果は大学間衛星ネットワークSCSの方式として実現され 大学間での様々な交流に利用されている.