設計工程に合わせたビュー生成を可能にするソフトウェア文書 管理手法の提案

手嶋 茂晴  荒木 円博  阿草 清滋  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D1   No.6   pp.740-750
発行日: 1999/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: ソフトウェア工学
キーワード: 
ソフトウェア工学,  ハイパテキスト,  構造化文書,  World-Wide-Web,  組込みシステム,  

本文: PDF(1.5MB)>>
論文を購入




あらまし: 
ソフトウェアは設計仕様書,プログラム,テスト仕様書などの一連の技術文書であり,ソフトウェアの設計工程はこれらの文書を参照/作成する工程である.ソフトウェアの設計効率及び信頼性向上のためには,ソフトウェアの設計工程に適した技術文書の管理方式を確立する必要がある.そこで我々はソフトウェアの文書構造に注目した管理方式を考案し,それにもとづくソフトウェア文書管理システムLiaison を作成した.我々は,実在のソフトウェアをオブジェクト分析した結果からソフトウェアの文書構造は文書要素とその間のいくつかのソフトウェア設計固有の関係によって表現可能であるとの前提に立ち,オブジェクト分析により得られた関係をもとに文書構造を定義する.ソフトウェア文書管理システムLiaison は既存の文書を構造化文書に変換する機能と参照時に各設計工程で検索のキーとなる関係によって文書の表示ビューを構成する機能をもつ.Liaison を車載電子制御装置の設計に適用し,ソフトウェア設計での効果を確認した.