分散並列処理のためのプラットホームLemuriaにおける 分散共有 メモリの性能評価

斎藤 彰一  國枝 義敏  大久保 英嗣  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D1   No.3   pp.457-466
発行日: 1999/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: ソフトウェアシステム
キーワード: 
分散並列処理,  分散共有メモリ,  計算機クラスタ,  メモリコンシステンシ,  

本文: PDF(365.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
Lemuriaは, 分散共有メモリを操作する機能を提供する分散並列処理のためのプラットホームである. 特に, Lemuriaでは, ネットワークを介して接続された複数の計算機からなるクラスタを単位として共有メモリを管理している. これによって, 1台の計算機におけるプロセス間のメモリの共有のみならず, クラスタを単位としたメモリの共有, 更に大規模分散環境におけるメモリの共有をも可能としている. 本論文では, 大規模分散環境におけるLemuriaの構成について述べ, Lemuriaの分散共有メモリを使用したアプリケーションの性能評価結果を示し, 分散並列処理のプラットホームとしてのLemuriaの有効性を示す.